サラリーマンが株式投資で儲けてマンションを買う

普通のサラリーマンが株式投資で1億円以上儲けて、都内に新築マンションを一括現金で買うまでを記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事実を直視すること


前日の投稿、
やっぱり事実に対してきちんと向き合わないとダメですね。
反省。

ですがパナソニックについての投稿は
事実から導いた考察が
完全にはまって満足です。
日本の電機メーカーの奮起に期待。

伝統を重んじる異端児を見つけて重宝すること。
がんばれパナソニック。


スポンサーサイト

日経平均の下がり方


なんか気になるなぁ。
明日は日経平均下がりそうな気がします。

間違ったらごめん。

株は自己責任で。



今後のパナソニックの可能性について考えてみた。2


今朝書いた記事の続き。

今後のパナソニックの可能性について考えてみた。


下記の沿革に気になるところがあるというところで終わっていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF#.E6.B2.BF.E9.9D.A9


1点目、
1989年、松下幸之助氏が逝去された翌年、
MCA社(現・ユニバーサル・スタジオ)を子会社化しています。
で、5年後にあっさり、売却しています。

ここに、先代のしばりがなくなったことによる緩みが
間違った方向に向かおうとしていた兆しのように感じるのです。
詳細を知らないので、生前の松下氏の指示とか色々とあるのかもしれませんが
商売の延長線上にあるように思えないのです。

2点目は、松下家の世襲がない?のであればこれはマイナス要因にもなり得ると思います。
少なくとも、サラリーマン社長では越えられないものがあり
今のパナソニックに必要なもののひとつは独裁的な思想だと考えるからです。


3点目は、長年研究を続けてきたという太陽電池事業の撤退です。
こちらは若干結果論もありますが、この判断時点で大昔から無関係ではない
三洋電機との連携、業務・技術提携、売却など考えても良かったのではないでしょうか。
後日三洋電機買収の理由の一つになることは、まさにもったいない感じです。


全体として、お役所的というか図体ばかりでかい印象が否めません。
決断から実行、実行からフィードバックまでに何層も経由していれば
中身が変わって当然です。

結果、こんな商品が出ることになったのでしょう。
ナノイーテレビ

ブランドマネージャーさん奮起して是非ヒットさせてください。

今後のパナソニックの可能性について考えてみた。



何かと逆風な日本電機メーカー。
今日はパナソニックについて、現状と今後の可能性について考えてみました。

前置きとして、今のところ、私はパナソニックに関して過去も含めてノーポジションですが
故松下幸之助氏を尊敬しているところがあり、社員の皆様の奮起を期待しているところです。
復活の兆しと株価が自分の許容範囲に合えば、中期的に参画したいと考えています。

では、手探りではじめます。

■業績推移
決算期 2012年3月期 2011年3月期 2010年3月期
売上高 7,846,216百万円 8,692,672百万円 7,417,980百万円
営業利益 43,725百万円 305,254百万円 190,453百万円
当期利益 -772,172百万円 74,017百万円 -103,465百万円
EPS -333.96円 35.75円 -49.97円

前期は7700億円の赤字を計上したが、主な赤字の原因・要因は下記。

1.薄型テレビ、半導体事業の不振
2.リストラ費用
3.タイの洪水被害
4.欧州危機による為替差損
5.三洋電機買収によるのれん代

上記のうち、本業によるものは1.だけ。
そう考えると、2.により構造改革も同時に実施しているため
来期以降はV字回復するのでは、と考えたのですが、
セグメント別の業績がパッとしない感じ。

セグメント情報詳細は下記。
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn120511-1/jn120511-1-6.pdf

2011年度の前年比をみると、もっとも成長しているセグメントは
ハイブリッドカー用バッテリーや環境対応車向けデバイスの売上
「オートモーティブシステムズ」ですが、営業利益は約25%に減少している。
来期はメリハリのない全分野成長見込みというむちゃぶり。


要は、大きく成長を見込める分野を育成できていないと思います。


巨額の赤字は前期一時的なものが多く、今期黒字化は達成できるでしょうが
継続的な成長戦略は今のところ私は感じることができません。

2012年5月11日に大坪前社長が発表した「2012年度 事業方針」
http://panasonic.co.jp/ir/vision/pdf/20120511_vision_j.pdf

全体としては、失礼ですが「今さら」という内容の中で、
1点注目するとすれば、これまでの単品志向からソリューションシステム志向に
変革する「まるごと」の収益モデル構築についてでした。
少しは期待するのですが、実際世に出る商品がこれじゃあなぁ。
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn120601-1/jn120601-1.html

なんかエラーとつっこみどころが満載のところ、1点だけ。
ブランドの拡張の法則から、危ういことをやっているかもしれない自覚をもってほしいものです。
下手したら、ビエラというブランドとナノイーという技術ブランドをつぶすのではと心配です。



それと、wikiで沿革を見てみると、もっと根本的な問題が内包されているようにも感じます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF#.E6.B2.BF.E9.9D.A9

・・・・・・・

子供が遊べと言うので本日はここまでで終わります。


数字などは自己責任でオフィシャル情報を確認してくださいね。

昼からは歯医者



歯医者嫌だなぁ。
憂いは早めにとって、
本業に集中できるようになりたい。




病院から投稿



以前から気になってたところを
診てもらいに病院へ。

何ともなければ良いんだけど。
憂いは早めになくしたいので。


でも、病院って慣れないなあ。



自分の投資スタンス



やっと仕事が終わり帰宅中。

電車から、自分の投資スタンスについて
簡単に書きたいと思います。


基本的にはバリュー投資ってやつです。
たまに気分転換に逆に行くこともありますが
95パーセント以上は割安株を買って、
自分の想定の手前で利益確定します。

思いっきりの良さと気弱さのバランスを
いつも考えて投資するようにしています。

割安の指標はperだったりpbrだったり
当たり前の指標を当たり前に使用しています。
他に自分なりの感覚もありますが、
それらはまた今度、ゆっくり書きます。

DeNAを保持してます。



最初なんでぶっちゃけです。


DeNAの株を持ってます。
付き合いはかれこれ1年くらいですが
利益確定もそれなりにして、ありがたい株です。

ですが、まだまだ割安だと思っています。
業界的にも向かい風が定期的に発生しますが
やばいことがあるのは国内だけで、
南場前社長が世界戦略を推進し始めた時点で
私的にはbuyで行こうと決めました。

来月の中間期決算が楽しみです。



株への投資は自己責任で。







ブログを始めてみる。



もう何度目かわからないくらいですがブログを始めてみます。

今回も更新しなくなって途中で終わりそうですが、
ダメ元でやってみることにします。

ブログのお題は、株とMBAです。

株は今年おかげさまで自分なりに順調で、
MBAをとるために勉強してから良い感じになったので
その辺を忘れることがないように、
メモ気分でブログをやってみることにしました。


もし続いたらよろしくお願いします。





プロフィール

yumegar

yumegarです。

株式投資で儲けて都内にマンションを買うまでがんばります。

目標は1億円以上の株式資産です。
投資スタンスはサラリーマンなので、昼間時間帯に時間を割くことができないため、中長期で回転させるバリュー投資です。
だいたい3~5社くらいに投資することにしています。

サラリーマンなので貯蓄を定期的に投資用資本として増資していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
株式投資の名言&格言集


presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

株ブログ

株資産キャプチャ


・現物株式1,660万円
・投資用現金130万円
   
合計1,790万円
投資金額1,100万円
損益690万円

2016年6月1日更新

株資産推移

<増資資金>
単位:万円

・2005年3月株を始める。
2005/3 150 <150>
2005/8 250

・調子に乗って100万円増資
2005/9 350 <100>

・あれよあれよと対投資金額で-100万円
2005/12 150

・株に対してやる気がなくなり、放置塩漬け。ひさしぶりにチェックしたら、こんなことに。
2006/3 60 涙・・・

・転機は2009年、社員持ち株を買うことができるようになり、全力買い開始。
・2年後、持ち株が200万円以上の含み益に。
2011/12 430 <200>
※わかりにくくなるので持ち株は損益に加えないことにしました。

・2012年1月からいつのまにか30万円まで減少していた通常の方に、150万円増資して再挑戦開始。

2013年1月にも100万円追加投資。

2015年不動産投資開始。
900万円で一戸建て現金購入。
家賃75,000円で貸出し中

損益推移

--2005年--
<250万円投資>
--2011年--
12月30万円-220万円
--2012年--
<150万円追加>
1月180万円 
7月187万円+7万円
8月230万円+43万円
11月372万円+142万円
12月449万円+77万円
--2013年--
<100万円追加>
1月608万円+59万円
2月687万円+79万円
3月776万円+89万円
8月569万円-207万円
9月640万円+71万円
10月842万円+202万円
<300万円追加>
11月1,190万円+48万円
12月1,533万円+343万円
--2014年--
4月1,543万円+10万円
5月1,817万円+274万円
6月2,128万円+311万円
7月2,058万円-70万円
8月2,016万円-42万円
<200万円追加>
9月2,216万円0円
11月2,496万円+280万円
12月2,482万円-14万円
--2015年--
1月2,376万円-106万円
2月2,520万円+144万円
6月2,554万円+34万円
<800万円出金>
--2016年--
6月1,700万円-854万円
<100万円追加>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。